住居・鍼灸院 どちらを優先するか

住居と鍼灸院 そのバランス

前回までに、鍼灸院を閉院すると決めたことと、新たに自宅兼鍼灸院となる物件を探すことになった経緯を書きました。

物件探しといっても、住居と鍼灸院どちらを優先するかで悩みました。包括的に考えた結果、住居(生活)を第一とすることにしました。

抽象的ですが、これから暮らす街を選ぶ基準を「その街その家で楽しく暮らせるか」というポイントに絞りました。それでいて鍼灸院としても利用できる 物件を探すのです。

具体的には、店舗を出すような立地でなくとも、楽しく暮らせるような街であったり立地であれば良しとするといった考えです。

 楽しく暮らせる街とは

楽しく暮らすといっても、その基準は十人十色だと思います。大雑把に分けるとしたら、都会で暮らしたい人と田舎で暮らしたい人ではないでしょうか。

私達は都会と呼ばれるような街で暮らしています。(2017年10月現在)

マンションの1階部分には飲食店やフィットネスクラブ、2,3分歩けばコンビニは2件あり、駅まで5分です。30分もあれば新幹線にだって乗ることができます。

このような立地が良いと思う人もいれば、こんな騒がしいところで暮らせないという人もいらっしゃるでしょう。

今回の引越しをするにあたって、同じような街に住むのか郊外に行くのかといった話し合いに私達夫婦は多くの時間を割きました。

物件選びの条件

私の鍼灸院は自宅よりも更に街の中心にあります。

小さなビルの5階ですが、鍼灸院経営を考えるならそんなに悪くない立地です。

今回探すのは住居兼鍼灸院として使える物件です。自宅と鍼灸院といった使い方がし易い間取り、お客さんが利用し易い環境、予算内に収まる家賃が主な条件です。この条件ではとてもじゃないですが、今の鍼灸院と同じ立地で住居兼鍼灸院として使えるような物件が見つかるとは思えません。

ワンルームマンションでも6万円ほどの家賃は必要な地域です。3LDKや4LDKのマンション(一戸建てはまず無理)なら12万円からといった相場感です。

その中から綺麗で、お客さんに生活感や不潔感を感じさせること無く、住居と鍼灸院を両立させる間取りの物件なんて見つかる気がしません。あったとしても予算オーバーです。

必然的に今の自宅や鍼灸院のある、街の中心から外れた地域で物件を探すことになりました。

物件探しについては、「物件探し」というカテゴリーにまとめました。興味のあるかたは是非読んでみてください。