【自宅兼鍼灸院】周辺環境とリピート率

前回記事の中で、自宅兼鍼灸院として借りる物件の周辺環境に気を使ったことを書きました。

周辺環境の大切さ

Photo by Lara Westrich on Unsplash

自宅兼鍼灸院の清潔さだけでなく、隣近所や、駅からの道のりの環境にまで気を使うのには理由があります。

なぜなら、お客さんには周辺環境も含めて鍼灸院の印象として記憶されてしまうからです。
例えば、どんなに素敵なカフェでも、あなたが悪いと感じる周辺環境にあれば、その素敵なカフェの評価は周辺環境分減点されるはずです。

結果、総合的に見て点数の高い他のカフェへ足を運ぶといった経験はないでしょうか。

鍼灸院にこられるお客さんも、意識せずそのように周辺環境の影響を受けています。

お客さんはお店を評価する

Photo by Matthew Brodeur on Unsplash

お客さんは店を減点法で評価します。

どこかカフェに出向いて、「周辺環境がいいから加点」とはなりません。

ネットや何かで見て、気になっていたカフェに出かけたとします。

ネットや雑誌を見て気になった段階で、その店には100点が与えられます。(あるいはそれに近い高得点)

そのカフェへ向かう途中の環境が悪いと、「雰囲気が悪いから減点」となります。

店内に入って、店内装飾、接客や料理についても基本的に減点法で評価します。

鍼灸院も同じです。施術者の白衣が汚れていると-10点、施術者が不潔に見えると-30点と減点されます。施術が上手だったから+50点などと、加点されることはほとんどありません。施術が上手なのはお客さんにとってはあたりまえのことです。

周辺環境とリピート率

初めて予約をいただいて、初診で来られる時は何も知らずに来院します。

周辺環境がお客さんにとって好ましくない場合、ある程度リピート率は下がると私は思っています。

もちろん、どんな立地であってもお客さんをガッチリ掴んで離さないような、飛び抜けたサービスを提供できる場合はその限りではありません。

しかし、私のようにそこまでサービスに自信が無い者は、このように外堀もしっかり埋めて対策を施さないと不安になるのです。

減点項目を減らすために、周辺環境にまで気を使うことは無駄ではありません。

施術料金と周辺環境

私の鍼灸院は1回6,000円~という料金ですから、一般的な鍼灸整骨院と比較すれば高額なイメージを持たれます。

そんな自宅兼鍼灸院が、ごちゃごちゃとした奥まった住宅街、近くにゴミが不法投棄されているような場所がある、駅からの道のりもなんだか汚いといったところにあるとすれば、1度目は来てくださっても、その後ずっと通っていただけるとは思えません。

現在通っていただいてるお客さんの中には、ライフワークの一部のように通ってくださる方も少なくありません。

美容院に通うように鍼灸院に来てくださるのです。

移転先でも、目指すのはそういった鍼灸院です。