間取りについて考える(2)

鍼灸院の間取りを考える

Photo by Jez Timms on Unsplash

前回、「間取りについて考える」でワンルームを借りて営業する際、1室を仕切って利用する場合の注意点について書きました。

今回は、そういった仕切り問題を回避するために1kを借りること想定して、問題点は無いか考えてみます。

1Kのマンション(アパート)

間取り図Aをご覧ください。

間取り図:Aこれは典型的な1Kのマンション(アパート)です。

ワンルームとの大きな違いは、キッチンと部屋がドアで仕切られていることです。
洋室は6帖とあるので、江戸間では9㎡以上あります。

ここを施術室とすれば、法規の基準である6.6㎡以上はクリアできます。

あと、問題は待合室の3.3㎡以上という基準をクリアできるかどうかです。

キッチンが3.3㎡以上あれば、施術室と物理的に仕切られているので、待合室として使用することが出来るかもしれません。

しかし、キッチンは部屋でないため、その広さの記載がありません。

これでは実際に内覧させていただき、寸法を自分で測るしかありません。

この内覧しないと分からないという問題を解決するために、思い切って2部屋の物件を借りることを考えてみましょう。

2Kのマンション(アパート)

先ほどのは1Kですが、次は2Kです。

2kの場合、2部屋あるので、待合室と施術室を仕切る点については問題ありません。
間取り図Bをご覧ください。

間取り図:B

典型的な2kの間取りです。
これであれば、洋室4.5帖と洋室6帖が物理的に隔てられているので、4.5帖を待合室、6帖を施術室とすることで保健所の審査はクリアすると思われます。

手前にあるキッチンが広そうですが、広さが表示されていません。
もし、ここが3.3㎡あるとすれば、部屋は1つでよいはずです。
そうすれば家賃も安くなるので、そういった物件の例を見てみましょう。

1DKのマンション(アパート)

間取り図Cをご覧ください。

間取り図:C

これは1DKと呼ばれる間取りです。
キッチンの部分がダイニングキッチン(台所と食堂の機能を兼ね備えた部屋)ですから、ちゃんと広さも明記されています。

DK4.5帖とあるので、6㎡あります。
更にその奥、6.3帖は9㎡以上あるということです。
間取り図で見る限り、2つは物理的にスライドドアで隔てられているのことも確認できます。
この物件であれば、DKを待合室にして、奥の洋室6.3帖の部屋を施術室にすることができます。

いまの私の鍼灸院はこのタイプです。
1人で開業する場合、自宅開業以外で最も安く簡単に開業できるのが、この1DKでの開業だと思います。

簡単であることを省けば、1Kで開業する方が安くつくかもしれません。
その場合、キッチン部分が3.3㎡あることが条件です。
通常、キッチンの広さは不動産情報で確認できないので、内覧して採寸する必要があると思われます。

1Kとは1番最初に紹介した、間取り図Aのような物件です。

ワンルームマンション(アパート)

さらに家賃を抑えるなら、ワンルームではどうかと考える方もいらっしゃるかもしれません。

間取り図Dのような物件です。

間取り図:D

これはROOM7.0などと書かれていますが、7帖ということです。
江戸間で換算しても、10㎡はあります。

施術室の6.6㎡を差し引いても、3.4㎡は残るはずです。

そうなるように上手く仕切りをつることができて、なおかつ保健所の審査が通ればこういったワンルームでも営業が出来る可能性があります。

前回記事の「間取りについて考える(1)」でも書いたように、こういった部屋を仕切る場合は、借りる前に保健所としっかり相談しなければ、到底審査が通らないような物件を誤って借りてしまうことだったあります。

そういったトラブルを回避するには2つ部屋のある2Kは確実ですし、1DKでもダイニングキッチンを1部屋として使えば問題ありません。

ご注意:ここに書いてあることは私の考えです。実際に開業される場合は賃貸契約の前に保健所にご確認ください。