鍼灸院の選び方(3)

鍼灸院の選び方(3)

Photo by Heidi Sandstrom. on Unsplash

鍼灸院の選び方(3)では、鍼灸院に絞って、その分類について説明いたします。

病院の場合、とりあえず病院に行けば症状によって診療科目に振り分けられます。
例えば「お腹がが痛い」ときは内科、「視界がぼやける」ときは「眼科」、「耳鳴りがつらい」ときは耳鼻咽喉科といった感じです。

鍼灸院はどこも一緒、診療科目はありません。

診療科目はありませんが、鍼灸院によって得意な分野があります。

鍼灸院を選ぶときのポイントとなる、鍼灸院の分類を紹介します。

鍼灸院の分類

1.伝統・古典を軸にした鍼灸院

「黄帝内経(こうていだいけい)」「傷寒雑病論(しょうかんざつびょうろん)」「神農本草(しんのうほんぞうきょう)」に代表される、伝統中国医学や東洋医学を治療理論に掲げています。

肩こりや腰痛といった運動器疾患だけでなく、内臓疾患やアレルギー疾患、心の症状といった幅広い疾患に対応します。

心と身体は切り離しては考えれない、「心身一如(しんしんいちにょ)」という考え方に基づいた治療体系となっていることが特徴です。

  • 看板には○○鍼灸院とだけ掲げているところが多いようです。
  • 院によっては流派の名称を掲げているところもありますが、それを見て理解できるのは業界の人だけでしょう。
  • 保険が使えるところは少ないと思います。
  • 近隣のお客さんはもちろん、遠方のお客さんも来られます。

2.西洋医学を軸にした鍼灸院

主に現代西洋医学の知識に基づいた治療理論を掲げています。

治療の方法は直接患部にアプローチすることが多く、患部やその周辺に鍼を刺すことが多いようです。

また、鍼に電極を付けて微量の電流を通電させるような治療方法を用いたりします。

外傷やスポーツによる運動器疾患に対応します。

外傷やスポーツ疾患だけでなく、肩こりや腰痛といった日常のつらい症状に対して多くの治療方法を提案できることが特徴です。

  • 看板には○○鍼灸整骨院と掲げているところが多いようです。
  • 肩こり・腰痛・交通事故、更に美容といったキャッチコピーが目立ちます。
  • 保険が使えるところがほとんどです。オプションの自費診療メニューもあります。
  • 近隣のお客さんがメインです。

3.専門性を軸にした鍼灸院

美容鍼灸、スポーツ鍼灸のように専門性を極めた鍼灸院です。

それぞれの専門分野には非常に強く、その多くは即効性があるのが特徴です。

プロスポーツチームの専属鍼灸師がいたり、選手の中には行きつけの鍼灸院を決めているという人もいます。

様々なスポーツ(運動)を深く理解し、多くの鍼灸師が対応できないような選手の細かな要望に応えることができるのが特徴です。

  • 看板には○○鍼灸整骨院と掲げているところが多いようです。院長に診ていただけるかがポイント。
  • スポーツ選手とのツーショット写真等、スポーツ鍼灸が得意であることをアピールする広告が目立ちます。
  • 保険利用も可能ですが、オプションでの自費診療がメインだと思います。
  • 近隣のお客さんはもちろん、遠方のお客さんもこられます。

4.とくに軸を決めていない鍼灸院

上記の1~3のような特徴をあえて持たずに、幅広い知識で対応する鍼灸院です。

いろいろな勉強会に出席し、良いと思ったものを集めて1つの体系にしているところが多いようです。

決まった治療理論を掲げることなく、訪れた人にあった治療方針や方法を提案できることが特徴です。

  • 看板には○○鍼灸院、○○鍼灸整骨院の両方があります。
  • おそらくこのポジションにいる鍼灸院、鍼灸整骨院が1番多いのではないでしょうか。
  • とにかく幅広く受け入れることができる、町のサロン的存在。
  • 近隣のお客さんがメインです。

鍼灸院の分類まとめ

鍼灸院を得意分野別にみると、なんとなく自分の求める鍼灸院像が見えてきたのではないでしょうか。

大きく4つの分類としましたが、もっと細かく分類することもできます。

例えば1番目の伝統・古典を軸にした鍼灸院ですが、鍼灸業界にはたくさんの流派があり、流派毎に言っていること、やっていることが違うのが現状です。

言ってることやっていることが違う理由は、古典の解釈の違いなどで流派独自の治療理論や治療方針があるからです。

また同じ流派でも鍼灸師毎に技術レベルは違うので、100人の鍼灸師がいれば100通りの施術があります。

しかしお客様によくなっていただく事を目標としているのは同じです、ご安心ください。

ここまで読んでいただければ、スポーツや美容が目的の方はお探しの院を見つけやすくなったと思います。

では、なにかしらの病(やまい)や体調不良でお困りの方はどうでしょう。
鍼灸院の選び方(4)では、そういった方のための、私の考える良い鍼灸院の探し方を紹介したいと思います。