鍼灸はオカルトなのか

鍼灸は効くか効かないか

これから鍼灸を受けてみようと思われる方が、一番関心があって率直に聞きたいのが、鍼灸が効くのかどうかだと思います。

この場合の「効く」「効かない」とは、病気が治るか治らないかでしょう。

治る、治らないといった議論は現代医療でも同じです。

新薬が「効く」「効かない」
手術が「上手くいく」「上手くいかない」

現代医療では、薬が効かなくても、手術が上手くいかなくても、とくに悪く言われることはありません。
しかし、これが鍼灸になると、効かなければ「だまされた」「オカルト」「宗教だ」だなどと散々叩かれます。

このように、鍼灸は社会的地位で言えば下に位置します。
正直言ってそれが鍼灸業界なのです。
ここで、「鍼灸がいかに効くか」といったことを書こうとは思いません。
ここを読んでくださっている方は、少しは鍼灸に興味をお持ちだと思います。
そういった方々に、すこしでも鍼灸を知っていただきたいので、他の鍼灸ホームページが書かないような角度で鍼灸を紹介していきたいと思います。

色々なお悩みがあって、鍼灸を受けてみようかと悩んでいるかたの役に立てれば幸いです。

鍼灸はオカルトなのか

Photo by Fares Nimri on Unsplash

鍼灸をオカルトだという意見は珍しくありません。

「科学が発達した今の時代に、気だとかツボだとか、なにを馬鹿なことを言っているんだ」というのがそれです。

例え鍼灸で治ったとしても、たまたま治るタイミングで鍼をしただけだとか、鍼で治るなら何もしなくても治ったとか言われています。

では科学の結集、現代医療はどうなのでしょう。
どんな病気もたちどころに治しているのでしょうか。
同じ薬で、良くなったり、効果がなかったりといったことも珍しくはありません。
効くかどうかわからない薬に高いお金払って、ありがたく頂戴しています。
これこそ宗教の構図です。

お医者様は神様ですといった時代がまだまだ続いていると感じます。
宗教には選択の自由があるように、東洋医学、現代医学、どちらの宗教を信じるかは自由です。
多くのかたが現代医学を選ぶと思います。

決して理解できないけれど、みんなが正しいと思うほうを選ぶのが一般的でしょう。

ただ、現代の科学で理解できないものをオカルトといって片付けるのはいかがなものでしょう。

気を中心とした治療が超科学だとしたら…

地球が丸いと誰も信じなかったように、突き抜けた最先端科学は理解されにくいものなのです。

決して現代医療を否定はしませし、東洋医学が良いとも言いません。
東洋医学と現代医学、欧米のようにお互いが補完しあえたらどれほど素晴らしいかと思います。

鍼灸は素晴らしい

東洋医学では現代医学の外科のように、死に直面した人を救う即効性の技術はありません。

しかし、西洋医学の診断で健康とされた人が悩む、原因不明の辛い症状に対応することができます。

精密検査で問題がないとされながらでも、辛い症状を訴える人は少なくありません。

こういった症状に現代医学はストレスを原因としたり、精神疾患として薬で心を押さえ込むような消極的な対応しかできません。

鍼灸の素晴らしいところは、辛い症状を訴える人と正面から向き合い、その原因を見極め、施術者と患者が一緒になって治療に取り組むところだと思います。

鍼灸に従事する人が、皆このような考え方を持っているわけではありません。

最近は美容鍼灸やスポーツ鍼灸に特化した鍼灸師が増えています。

このブログの「鍼灸院の選び方」を参考に、ご自分にあった鍼灸院を探してみてください。