鍼灸院の売上実績(開業2年目)

鍼灸院売上実績(開業2年目)

Photo by Fabian Blank on Unsplash

前回は開業した年の売上を公開しました。

大赤字で気を失いそうな年でした。

今回は開業2年目の売上を公開します。

伸び悩む売上

開業2年目の平成27年、売り上げが伸びたかというと伸びませんでした。

これが開業2年目の売上です。

相変わらずの大赤字です。

この年からはアルバイトをはじめ、大赤字の部分を補填するようになりました。

私の鍼灸院は完全予約制だったので、アルバイトする時間を思い通りに作ることができたのです。

施術料金値上げ

Photo by Jungwoo Hong on Unsplash

開業2年目の平成27年6月、施術料を4,500円から5,400円に値上げしました。

値上げしたことで既存のお客さんが離れることはありませんでしたし、新しいお客さんの予約が激減するといったこともありませんでした。

値上げが原因で少しは新しいお客さんの予約が減少したかもしれませんが、値上げしてよかったと思います。

値上げして時間単価が上がったことで、アルバイトと組み合わせれば一日の稼ぎをある程度は確保できるようになりました。

値上げはおおむね成功しましたが、売上の低迷は続きます。アルバイトと鍼灸院の二足のわらじが板に付いてきました。

伸びないホームページからの予約

Photo by rawpixel.com on Unsplash

開業して2年目、新しいお客さんといえば「紹介」というパターンが定着してきました。

ホームページからの予約がほとんどなく、紹介がつながることで、売上が低めながら安定する構図が明確になってきたのがこの年でした。

この頃ソーシャルネットワーク(SNS)をしたほうがよいとお客さんに薦められ、Facebookをはじめるようになりました。

正直言ってFacebokは集客にそれほど貢献しませんでした。

Facebookが良いとか、やらなければだめだとか、そんなことを言っている人が多いようですが、私にはその効果がわかりません。

効果を得るためには友達を5,000人作る必要があり、その方法を教えますという変なコンサルがそれでお金を集めています。

そうやって5,000人の友達を作って集客が伸びたところで、私の場合は1日に施術できる人数は4,5人が限界です。

物販や講演会のように、数を集めて売上を伸ばすような商売であればFacebookも良いかもしれませんが、扱う商材によっては効果が見込めないだけでなく、SNSで疲弊するだけ損なのかもしれません。

これはFacebookで集客できなかった私が悪いのかもしれませんが、今はFacebookでの集客は全く考えておらず、純粋に友人や知人とのつながりを保つツールとして利用しています。

 アメーバブログで集客

Facebookを薦めてくる人はアメーバブログも薦めることが多いようです。私もアメーバブログをコンサルに勧められ、ほとんど毎日3ヶ月記事を書きました。

アメーバブログは店を閉めるまで続けました。しかしこれも集客には効果がなく、既存のお客さんが読んでくださるといった具合でした。

「読者登録」や「いいね」してくるのは、コンサルの宣伝目的がほとんどです。プロフィールから地域を判別し、「読者登録」や「いいね」を自動でしてくれるツールがあります。こういったツールを使って、「読者登録」や「いいね」をすることで、自分のブログに「読者登録」や「いいね」を増やす狙いがあります。そうやって、最終的には自分の集客を増やす魂胆です。

この手のツールで一番有名なのは「アメーバキング」だと思います。アメーバブログで集客するなら、「アメーバキング」を使わないことには始まらないと思います。私はこのツールを購入しませんでした。ですから、このツールがどれほどの効果があるのかはわかりません。

何人かのコンサルと話をしたことがありますが、正直言ってコンサル料が安い(1万円以下とか)は相談するだけ時間の無駄だと気づきました。これ以後、コンサルに相談することはなくなり、自分で本を読んで試行錯誤するようになります。

そして3年目に突入します。