鍼灸院にあるもの

鍼灸院にあるもの

Photo by Barn Images on Unsplash

鍼灸院にある物の中で、事務系以外の物を紹介します。

  • 治療道具一式
  • 折りたたみ式ベッド
  • 電気毛布
  • シーツ
  • 毛布
  • まくら
  • フェイスまくら
  • タオル類
  • タオルウォーマー
  • お客さん用のカゴ
  • お客さん用椅子
  • お客さん用洋服掛け
  • お客さん用スリッパ
  • 自分用スリッパ
  • 自分用椅子
  • テーブル
  • エアコン
  • 加湿器
  • サーキュレーター
  • ドライヤー
  • ウォーターサーバー
  • 観葉植物

お客さん用の椅子は2脚あります。
本当であればお客さんと私の1対1ですが、親子で来られるお客さんやご夫婦で来られるお客さんがいらっしゃるためです。
他は特に説明の必要もないと思います。
本当にシンプルで、院内は荷物がなくスッキリとしています。

鍼灸院の移転完了

2017年11月、引越しがひとまずは落ち着き、自宅兼鍼灸院の準備が出来ました。出来たと言っても、ベットなどを配置しただけです。
保健所への申請は、まだ先になりそうです。

保健所へは、鍼灸院の平面図を提出する必要があります。

その平面図にはベッドの位置、消毒設備の位置など、アレコレ細かく書き込まなくてはいけません。

今のところ、玄関を入ったところの廊下を待合室と記載する予定ですが、これもどうなるかわからないので、ちょっと不安を抱えた準備です。

鍼灸院の荷物は少ない

鍼灸院には鍼灸整骨院にあるような大きくて、重たい設備がないので移転が手軽です。
鍼灸院は私1人でやっていますから、ベッドも折りたたみ式が1台だけです。※1
鍼灸院にあるものは、全てコンパクトカーに積み込むことができます。さすがに1度で全部は無理ですが、コンパクトカーの往復で移転可能です。
それくらい荷物は少ないので、出張の際はタオルウォーマーなども含めて一式持って行きます。

※1:女性鍼灸師を希望するお客さんがいらした時は、友人の女性鍼灸師さんにお願いしています。

出張には全部持って行く

出張の際には折りたたみ式のベッド、シーツ、毛布、タオルなど一式を持っていきます。
ベッドは鍼灸院用と出張用の2台を持っています。以前はベッド1台を鍼灸院、出張と両方で使っていたので準備が少々面倒でした。
そこで新しいものを1台購入し、古い方を出張用、新しいものを鍼灸院用としました。
出張にわざわざベッドは要らないだろうと思われるかもしれません。
私の出張はお客さんのご自宅に訪問させていただくことよりも、何処かで場所をお借りして、そこへ出張所を開設するようなスタイルのほうが多いのです。

ご自宅への出張

Photo by Morgan McDonald on Unsplash

ご自宅への出張のように、ベッドを置くことができない部屋の場合はお客さんに準備をお任せしています。

ベッドやヨガマットなど、お客さんによってその準備は様々です。

お客さんの足にまとわりつく猫をよけながら施術するなど、ご自宅への出張には鍼灸院にない楽しさがあります。

鍼灸院にあるもの:まとめ

とにかく荷物が少ないのが鍼灸院の良いところです。
車1台でどこへでも出張できるし、移転だって楽勝です。

上に挙げていなくて、鍼灸院にあるものの中で、大切なのはお茶や食器類です。
お客さんに飽きられないように、数種類のお茶や、時にはお茶菓子を常備しています。
どうしてもカウンセリングが長くなるので、お茶やお菓子といったサービスは欠かせません。