2017年11月売上公開

2017年11月売上公開

Photo by Fabian Blank on Unsplash

11月は出張所のみ

2017年11月の売上は30,000円でした。

昨日、11月20日は出張日でした。以前書いた記事にあるように、自宅への出張ではなく、鍼灸院出張所を開設するケースです。

鍼灸出張所を開設する

出張所は自宅から車で1時間15分ほどかかります。来てくださったのは4名のお客さんで、皆さんリピーターです。

ここでの料金は7,500円ですから、売り上げはちょうど30,000円になりました。そこから売り上げの20%を場所代としてお支払いするので、6,000円を貸してくださったお店へ支払いました。場所代を支払えば、手元には24,000円残ります。

往復2時間以上かかるところですが、これくらい売り上げることができれば良しとします。

有り難いお言葉

Photo by Chinh Le Duc on Unsplash

鍼灸院を閉めたことで、これまで鍼灸院に来てくださっていた方も出張所へ来られました。

「これまでよりも自宅から遠くなり、料金が6,000円から7,500円になるなど、ご迷惑をおかけします」と謝罪したところ、

「〇〇まで(新しい住所)行くのと比べれば、ここまで来るのも料金が高くなるのもかまいませんよ」とおっしゃってくださいました。

この方は以前の鍼灸院まで、電車で15分ほどのところに住んでいらした方です。出張所までは電車を利用して小一時間と、非常に遠くなりましたが、新しい鍼灸院まではそれ以上に時間がかかります。

すでに月1回か2回のメンテナンススケジュールですから、少し遠くなっても負担にはなっていないようで良かったです。

嬉しいことに、出張所施術の次回予約もしてくださいました。

アルバイトは効率が悪い

昨日が鍼灸院を移転させて、初めての仕事でした。移転したばかりで、自宅兼鍼灸院には当然誰も来られません。

11月1日からここまで、バイトばかりをしていました。おかげでバイトの収入は伸びる一方です。

アルバイトの時給は1,200円です。9時から17時まで働いても、8,400円(休憩1時間)にしかなりません。

鍼灸院は来てくださるお客さんの人数にもよりますが、昨日のように4名来てくだされば24,000円の収入になります。

その差はアルバイトのおおよそ3倍です。これがもし時給1,000円以下のアルバイトでは、もっと差は開くことになります。

このように、収入についてはアルバイトの効率が悪さが際立ちます。あらためて、新しい住所で新規のお客さんを獲得しなければと強く思いました。

ただ、今のアルバイトは事務系のため、体力的に楽なのが救いです。