2017年12月売上公開

月に1度の鍼仕事

 2017年12月の売上は18,600円でした。

Photo by Fabian Blank on Unsplash

12月20日は月に1度の出張日。
自宅兼鍼灸院の準備が整わず、先月同様出張所での施術です。自宅の施術室が利用できないのは、部屋が寒すぎるからです。

引っ越しをしたのは先月ですが、まだエアコンを取り付けていません。
2017年12月22日現在では、まだ見積もり段階です。実際に取り付けていただく家と部屋を見ていただき、取り付け費用の見積もりをいただきました。3台購入しますが、内2台が2階なので、マンションと比較すると費用が高くなります。この話はまた別の機会に記事にします。

エアコンのない木造一戸建は、これまでの鉄筋コンクリート製マンションと違い、とにかく冷えます。自宅も鍼灸院も鉄筋コンクリートだったので、予想外の寒さに困惑しています。
特に今年(2017年)は寒いのか、家の中の温度は1桁です。遠赤外線ヒーターで暖をとってはいますが、施術室を施術可能なほどに温めることができません。

さて、先月(2017年11月)も出張所で1日だけ施術日があり、その売り上げを公開しました。今月(2017年12月)も売り上げを公開します。
私の鍼灸院では、施術料金を1回6,000円からとしていますが、出張所では少し割り増しになります。
出張所や施術料金については過去記事をご覧ください。

鍼灸出張所を開設する

鍼灸出張料金について

今回の出張所での売り上げは18,600円でした。
内訳は60分施術が2名、30分施術が1名です。

  • 60分7,500円×2名=15,000円
  • 30分3,600円×1名=3,600円
  • 合計:18,600円

ここから場所代をお支払いします。
場所代は売り上げの20%です。
計算すると3,720円ですが、すこし調整しました。

  • 場所代:3,600円

差し引き15,000円が手元に残るお金です。
先月(2017年11月)、手元に残った金額は24,000円でしたので前月比63%となります。

場所代についてもう少し詳しく説明いたしますと、60分施術7,500円のうち、1,500円は場所代です。30分施術は本来のコースではなく、お試しです。3,600円のうち、600円を場所代としてお支払いしました。
半日サロンを利用させていただくので、ルームレンタル料金としては格安だと思います。車も停めさせていただいています。

肝心の売り上げですが、先月と比較すると63%という酷い売り上げです。これが会社なら破綻しますね。
初めての開業から3年間の売り上げを公開しているので、それを見ていただければお分りのように、私はこの程度の落差は慣れています。

鍼灸院売上実績(開業1年目)

売り上げは前月比63%でしたが、特筆すべきはお試しの依頼があったことです。
ありがたいことに、既存のお客さんからのご紹介です。紹介してくださった方によると、私の施術を気に入ってくださったということなので安心しました。
これから本格的に施術を受けてくださるようになれば、出張所の売り上げはもう少し高めで安定するでしょう。
これまでも、このようにお客さんが増えては減りを繰り返してきました。
来年は出張所においてイベントを開催し、更に新規顧客の獲得を目指します。さっそく2月にイベント開催を決めてきたので、春先には新規さんが増えると嬉しいですね。
出張所での施術数が増えれば、出張回数を増やす計画もあります。
このブログを読んでくださっている方はご存知だと思いますが、今の私はアルバイトの給料が収入の軸となっています。
少しずつアルバイトと鍼の比率を変えて、来年中(2018年)には50:50くらいにすることが目標です。
2019年には鍼灸だけで生活できればと夢見ています。そのためには移転した鍼灸院と、出張所での新規顧客の獲得が必須です。
自宅鍼灸院の準備が整えば、またチラシを作ってポスティングから始めます。