鍼灸専門学校に入学したらすること

鍼灸専門学校卒業後:私の場合

Photo by Joshua Earle on Unsplash

鍼灸師の免許を取った私はとくに職のあてもなく、鍼灸専門学校にあった求人に申し込むか、適当に鍼灸院へ問い合わせたりするしかありませんでした。

そんなふうにふらふらしているところにいい話が迷い込んできて、上手い具合に仕事にありつけたのです。

就職はしたのですが、そこには私に鍼を教えてくれるような人がおらず、いらっしゃったのは1年先に入っていた先輩が1人だけです。

先輩も卒業して1年目なので、経験が豊富とは言えません。歳は私より一回り以上若い方です。

雇い主には提携している病院のドクターから同意書取って、ある程度の売り上げを確保してくれればそれでいいと言われました。

福祉(鍼灸)業界の闇

老人施設と提携したドクターが同意書を出してくださるので、そういった施設で鍼をしてお金をいただいていました。

個人で鍼灸院を経営し、医師の同意書を得るのは難しいですが、提携(悪く言えばグルになって)しているドクターがいれば簡単です。

私はこのような業界の体質に馴染めず、自分で鍼灸院を開業するまでの繋ぎと割り切って働きました。

開業するまでに鍼の技術を磨かなくてはいけませんが、先に述べたように就職先には院長クラスの先生がいませんでした。

鍼灸勉強会の必要性

就職先にはお手本になるような先生がいませんでしたが、問題にはなりません。鍼のことは月に一度の勉強会に参加して学んでいました。

勉強会へは鍼灸学校に入学してまもなく入会し、今でも続けています。この勉強会なくして今の私はありません。

鍼灸専門学校では鍼灸国家試験に合格するための知識は教えていただけますが、臨床に使えるような技術は教えてくれません。卒業後に鍼灸専門学校の教員になる方法なら教えていただけます。

これらは鍼灸業界でよく言われることなので、私は早々に鍼灸の勉強会へ入会することにしました。

治せるかどうかは自分次第

勉強会といっても、様々な会があります。純粋な勉強会(研究会)もあれば、ひとつの流派である場合もあります。

鍼灸業界にはたくさんの流派があり、それぞれの流派が「我々が正しい」「我々が1番」と謳っています。とは言っても、基礎は東洋医学なので何処でも同じようなものです。

大切なのは勉強会や流派を見極めることでなく、あなたがそこで学んだことを臨床で活かせるかどうかです。

臨床で結果が出ない時に、学んだ理論が間違えているのではないかと疑心暗鬼にならず、自分の技術が未熟なのだと知ってください。

鍼灸専門学校へ入学される方へ

今年鍼灸専門学校へ入学される皆さん。

是非いろんな勉強会へ参加してみてください。学生の頃は一般よりも安く参加できます。なるべくたくさんの勉強会に参加し、自分に合うと思った会に入会することをお勧めします。

卒業後の進路については、鍼灸専門学校の先生の言っていることなど大した役には立ちません。これからの時代には、これからの時代に沿った働き方があります。

今の日本では、働き方を自由に選べるようになってきました。
「芸は身を助ける」といいます。

鍼の技術も一芸に秀でれば、ちょっとした副収入くらいにはなります。型にはまらない、自由な働き方を模索してください。